×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレジットカード

 

個人信用情報とは?

個人信用情報とは、クレジット会社が顧客の「信用度」を判断するための情報で、
具体的には、クレジットローンの契約内容や支払い状況を指します。

 

個人情報と間違われそうですが、
氏名・住所・家族構成などの個人よりの情報ではなく、
支払い能力や支払う意志などの金銭よりの信用情報のことです。

 

そういえば、クレジットの申込書には、
他の金融機関のローンがないかの自己申告欄がありますね。
お金に困っている人が複数のローンを組むと、
多重債務に陥って払えなくなりますから、
ローン前にチェックする必要はあるでしょう。

 

個人信用情報については、「個人信用情報機関」という
個人信用情報の収集及び提供を行っている機関があります。
クレジット会社は、この「個人信用情報機関」を通じて情報を得て、
顧客の返済能力を超えた融資や不必要な融資を防ぐようです。

 

よく聞く「ブラックリスト」というのは俗称で、
延滞や滞納情報が記入されている事故情報らしいです。

 

個人情報の流失が社会問題になっていますが、
個人信用情報が流失してしまったらたいへんですもんね。

個人信用情報のチェック

個人信用情報を調べられたらどうしよう?
他の目的で使用されていないのだろうかと、不安になる人も多いようです。

 

個人信用情報機関に登録されている個人信用情報を見ることができるのは、
クレジット会社、量販店、デパートなどの加盟会員だけです。
おもに延滞や滞納などの事故情報がチェックされます。

 

ローン関連の勧誘のDMが届いたりすると、「ひょっとして、
個人信用情報が漏れているのではないかしら?!」
と不安になったりもしますが、
個人信用情報を管理するシステムセンターのセキュリティは厳しく、
二重三重に管理されています。

 

もし審査の目的以外で、
第三者が個人信用情報を照会すると記録が残るので、
これをチェックすることができます。

 

どうしても心配なようでしたら、個人信用情報機関に、
自分の個人信用情報がどのように登録されているのかを、
確認されてはいかがでしょうか?

 


How to エステ